前へ
次へ

スキンケアは自分に合わせよう

学生時代に肌荒れを気にしている友人がいて、彼女の影響でスキンケアの勉強をしました。彼女は皮膚科に行ってアドバイスをもらうなど本格的だったので、私も影響を受けました。まず、スキンケア製品は無添加ならいいとは限らないようです。例えばアルコール類が入っていると肌に合わない人もいますが、逆に肌に合う人もいます。今まで無添加で刺激の少ない高価な化粧水にこだわっていたのに、数百円のドラッグストアで買えるものにしたとたん調子が良くなった、などということもあります。私も高価な保湿効果のあるものを使っていたときは肌トラブルがあり、安いものを多めにつけ始めたら肌がきれいになったこともあります。こればかりは肌質なので、まずは皮膚科やプロのアドバイザーがいるところで相談をし、良さそうなものを試していくのがいちばんです。ただ、季節や体調によっても変わるため、肌に合うものをいくつかチェックしておくといっそう安心でしょう。

Page Top